忍者ブログ

もこもこ

もこもこ。思う事、日記、ニュース、マーケティング、IT・Internet

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


地鳴


今朝(2012年9月25日)は久々に地鳴りで目を覚ましました。結構大きめで長い地鳴りがしていました。昨夜はなかなか寝付けなくてやっと寝たという感じだったのに。地鳴りで起こされちまいましたよ・・・(涙)。なので今日はちょっとダルイです・・・。専門家もそろそろ富士山噴火だと騒ぎ始めましたから、地震とかではなく富士山噴火の予兆の地鳴りだったのでしょうか・・・。もし富士山が噴火したら、最低でも三日分の水と食糧は準備しておいた方がいいそうです。電気製品は火山灰で使えなくなるので、手軽に食べられるクッキーや乾パンのようなものがいいかもしれません。水は最低でも一人一日3リットルは準備していおいた方がいいと言われています。

検索エンジン登録代行
SEO ツール

SEO成功者,SEO対策で成功する人の特徴
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
「気力管理」と「体力管理」。経営は気力!
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」


内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
ドメインオーソリティ高いと少ない被リンクで順位上る。標的キーワードで権威性高い独自ドメイン育てる
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
SEO効果高いアンカーテキストは時代で変る。要約型・質問型被リンク
検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
PR

相応


キャリーバッグが壊れてしまったので、先週の土曜日買いに行ってきました。まず百貨店に行き、キャリーバッグコーナーを見てみましたが、どうもピンと来るものがありませんでした。しかし百貨店だけあってお値段は立派でした。百貨店なら良質な品揃えだと思ったのです。しかし値段が高いだけでした。次に家電量販店に行ってみました。揃ってる揃ってる!!!。サイズもアイテムもたぁっくさんあって迷うくらいありました。結局家電量販店でキャリーバッグを購入しました。百貨店より安いですが、商品はしっかりしていてピンと来ました^^。百貨店で取り扱っているキャリーバッグは、3~4万が相場のようでしたが、正直、そんなに払ってまで使いたい品じゃありませんでした。

Webサイト 集客
SEO対策 マニュアル

テキストリンクを増やす
SEO対策用サテライトサイト(衛星サイト)の更新継続は必須か?更新ゼロでもSEO効果は持続する
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後

被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
SEOスコアに占めるリンクスコアの割合は大変高い。リンクスコアに占めるリンクエイジスコアの割合は?
資金に余裕あるならホームページでSEO対策。資金に余裕無いならブログでSEO。集客媒体選びは重要
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
2012年のSEO対策。最重要の上位表示要因は被リンク、次いでSEO技術。SNSの重要度低し
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK

企画


最近の日本企業は企画開発ばかりしてプロモーションを怠っていますよね。このプロモーションが大事なのに、新商品を出せば売れると思っていて、新商品の企画開発にばかり力を入れています。半年にいっぺん、下手すれば四半期にいっぺん新商品を出しています。しかし、プロモーションは行わず、出しっぱなし。出したら満足してまた新商品の企画、開発に入る。この繰り返しです。アップルは一つの商品にプロモーションの時間を多く咲いています。この商品のここが素晴らしい、以前のものと比べてここが改善された、使いやすくなった、こう使えばいいなど、商品の情報を惜しみなく消費者に分かるように伝えてくれます。日本の企業はアップルのようにプロモーションが必要なのではないでしょうか。

格安SEO対策
ビジネスブログ SEO対策

SEO情報ブログ

「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
Webサイトのスクラップ・アンド・ビルド、更新優先度低いサイト閉鎖、更新優先度高いサイト新規建造
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
ビッグキーワードのSEO対策に必要なのは「余裕」。余裕で1位表示し、余裕で中長期の上位維持
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
URLに被リンク供給で一定期間、順位不安定になる。新規被リンクの評価が定まると検索順位は以後安定